コンビ肌着と使い分け


肌着には短肌着や長肌着、コンビ肌着などがあるので使い分けが必要です。短肌着は月齢が小さな内の基本となる肌着です。体温調節のために、短肌着の上にコンビ肌着や長肌着を着せてあげたりベビードレスやベストなどの新生児服を着せてあげたりします。重ね着の必要ない季節には、コンビ肌着一枚という着せ方をすることも可能です。

ベビーでは、コンビ肌着と長肌着はどのように使い分けるのでしょうか。丈の長いという共通点がありますが、コンビ肌着は長肌着と違い股下をスナップで留めてあげることができます。そのため、長肌着と違って赤ちゃんが脚を動かしたり寝返りをうったりしても裾が捲れにくいのが特徴です。長肌着は裾を留めないのでおむつ替えがしやすいメリットがあります。一般的には脚を動かすようになる生後3ヶ月頃まで長肌着を着用させ、脚を動かすようになったらコンビ肌着といわれています。

しかし、コンビ肌着はスナップを留めなければ長肌着の代わりとして使用することも可能です。一枚で使い分けが可能なため、コンビ肌着の方が人気が高い傾向にあります。

コンビ肌着をいつからいつまで着せなければいけないという決まりはありません。赤ちゃんの成長に合わせてロンパースやカバーオールなどに移行することになります。成長に合わせて使いやすいものを選ぶと良いでしょう。