コンビ肌着の選び方


ベビー新生児服のコンビ肌着を選ぶときは、デザインだけではなく素材も気にして選ぶようにしましょう。赤ちゃんの肌はデリケートなので、直接触れることにもなるコンビ肌着の素材は肌に優しいものを選びたいでしょう。また赤ちゃんの内は汗をかく量も多いので、吸湿性に優れているものが向いています。新生児服や毛布の素材としては、綿100%がお勧めで、特にオーガニックコットンが人気です

ガーゼは昔から赤ちゃん製品に用いられる定番の生地です。ガーゼは織り目が粗目で通気性が良く、吸湿性にも優れています。そのため汗をかく季節にもぴったりですが、季節を問わず人気があります。どの季節でも対応できる生地としては、フライスもお勧めです。ゴム編みとも呼ばれるフライスは、伸縮性に優れています。通気性も良く柔らかく優しい肌触りが特徴で、新生児服の肌着で定番の生地になっています

ループ状の糸が生地表面に出ているパイル生地も、コンビ肌着の生地に使われています。吸湿性だけではなく保湿性にも優れているため、夏以外の季節にお勧めの生地です。ほかにはにはスムース生地もお勧めです。両面ゴム編みの生地で、キメが細かく滑らかで優しい肌触りです。やや厚みがあり保温性に優れているので、春や秋冬の肌寒い日に適しています。

このように新生児服のコンビ肌着を選ぶときの注意点などを紹介しました。最近では店舗だけでなく、通販サイトなどもありますので急ぎの時や家から出ずに購入することも可能です。当サイトの紹介を参考にし、購入してみてください。

 

コンビ肌着と使い分け


肌着には短肌着や長肌着、コンビ肌着などがあるので使い分けが必要です。短肌着は月齢が小さな内の基本となる肌着です。体温調節のために、短肌着の上にコンビ肌着や長肌着を着せてあげたりベビードレスやベストなどの新生児服を着せてあげたりします。重ね着の必要ない季節には、コンビ肌着一枚という着せ方をすることも可能です。

ベビーでは、コンビ肌着と長肌着はどのように使い分けるのでしょうか。丈の長いという共通点がありますが、コンビ肌着は長肌着と違い股下をスナップで留めてあげることができます。そのため、長肌着と違って赤ちゃんが脚を動かしたり寝返りをうったりしても裾が捲れにくいのが特徴です。長肌着は裾を留めないのでおむつ替えがしやすいメリットがあります。一般的には脚を動かすようになる生後3ヶ月頃まで長肌着を着用させ、脚を動かすようになったらコンビ肌着といわれています。

しかし、コンビ肌着はスナップを留めなければ長肌着の代わりとして使用することも可能です。一枚で使い分けが可能なため、コンビ肌着の方が人気が高い傾向にあります。

コンビ肌着をいつからいつまで着せなければいけないという決まりはありません。赤ちゃんの成長に合わせてロンパースやカバーオールなどに移行することになります。成長に合わせて使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

新生児服の種類


肌着の定番となる丈が腰ぐらいまでの短肌着、短肌着よりも丈が長く足まで包んでくれるのが長肌着です。そして裾がはだけないように股下を留められるのがコンビ肌着です。これ以外にも、新生児服にはいくつかの種類があります。

肌着コンビ肌着のように動き回るようになってきた赤ちゃんに適しているのが、ボディスーツ型肌着です。名前から分かるようにボディスーツのような形で、股下をスナップで留める形になっています。前開きタイプのものと頭からかぶる形のものがあります。頭からかぶる形になっているものなら、お腹が出る心配がありません。24ヶ月くらいまで、長く使えることで人気があります

ボディスーツ型肌着に、脚の部分がついてつなぎのような形の新生児服をグレコ、カバーオールやロンパースなどと呼びます。呼び方はメーカーによって変わります。グレコと呼ばれるもの丈の短いものを指すことが多いです。ショート丈、ロング丈どちらも見られるのがロンパースです。カバーオールと呼ばれるものは、一般的にロング丈のものです。ボディスーツ型と違い、ボトム部分もあるので春や、秋冬の肌着に使う人が多いです。トップスとボトムの一体型なので、はだけることなく着られます。

肌着の上に着せる新生児服として、生まれてすぐに着せることが多いのがベビードレスです。ワンピースのような形で、生後2ヶ月頃までに着せることが多いです。出産後の退院時や、お宮参りのときにも使われます。ベビードレスの股の部分を留めてズボンのようにできるものをツーウェイオールといいます。コンビ肌着と同様、一枚二役の使い方ができるので便利です。

成長に合わせて肌着の上にシャツや短パンなどを着せたり、体温調節にベストを着せたりすると良いでしょう。

新生児服のコンビ肌着


肌着かわいい新生児服はいろいろとありますが、その中でも肌着は欠かせないものです。肌着には体温調節が未熟な新生児の代わりに体温調節をする役割や、汗取りの役割などがあります。夏の暑い日なら肌着のみという日もあるように、肌着は新生児服の基本ともいえます。

肌着にもいろいろと種類があります。短肌着や長肌着、コンビ肌着などです。短肌着や長肌着は名匠からどのようなものか想像しやすいですが、コンビ肌着というのは一体どのようなものか名前だけでは分かりにくいので、子育てが初めての人は「コンビ肌着ってどんなもの?」と疑問に思うかもしれません。

コンビ肌着というのは、赤ちゃんが成長して脚を元気よく動かすようになってきたころに着せてあげる肌着です。着物のように襟を前合わせにして紐で結ぶ形で、丈がお腹のあたりまでのものを短肌着といいます。これが赤ちゃんに着せる肌着の基本となっています。そのまま丈を長くして脚まであるものを長肌着と呼びます。

コンビ肌着は一見すると長肌着と似ていて、丈の長い肌着です。長肌着とは違い裾が外側に向かう形になっていて、股下をスナップで留められることです。股下で留めることでズボンのようになるので、赤ちゃんが脚を動かしても裾が捲れにくくなります。

コンビ肌着は使い勝手の良い肌着といわれています。当サイトではコンビ肌着の特徴や、赤ちゃんへの着せ方、選び方などを解説します。子育てに役立つ情報となれば幸いです。